Blog

  • 「若い人から意見が出てこない」と思った時、自ら問うべき大切なこと

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/12/20 18:16

    「若い人から意見が全然出てこない」 「質問をしても固まってしまう」 最近、若手や部下のコミュニケーション力を上げて欲しいと日本語・英語を問わずコーチングを依頼されるケースが増えてきています。しかし実際にその社員と話してみると、少なくても私の目から見て、その大部分はコミュニケーションに問題があるように思えない。逆に知識量、その見識の高さにびっくりするケースが少なくありません。「あれれ!?」と思い、何… 続きを読む

  • Creativeな発想を引き出す方法 #1: 常識を疑え!

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/12/10 07:53

    新しい発想をいかに出していくか。最近Ideation Workshopについての沢山書いていますが、その中で使われる代表的なフレームワークを今後紹介していきたいと思います。今回は「常識を疑う(Questioning the assumptions)」というもの。 仕組みは至って簡単。例えば「いいビジネスアイディアがなかなか出てこないなー…」と思っているとします。そこでその業界(ビジネス)における常識、誰もが当たり前として考えているビジ… 続きを読む

  • グローバル企業のCEOが社員に求める4つのスキルとは

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/12/04 15:33

    いま求められている商品、サービス、体験は複雑になりすぎてしまい、もはや一人の天才に頼ることが出来なくなった。これからは(国籍、業界、職種を跨いだ)モチベーションの高い人達のコラボによってイノベーションは起きていく - Tim Brown, IDEO社 CEO IBM社が隔年出しているGlobal CEO Study 2012によると、グローバル企業のCEOの多くは今後、個人が自社の社員として成功するために重要な特性として、国や業界を超えた「コラ… 続きを読む

  • ハーレー・ダビッドソンに学ぶInnovativeな文化の創り方

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/11/26 18:13

    先週11/22付の日経新聞で、ハーレー、「バイク離れ」の中で快走する戦略 (ライフスタイルや「体験」を提供)という記事の中で、 大型バイクブランドのハーレー・ダビッドソンがバイク離れの中で逆に販売を増やしている。その背景には「モノ」としてバイクを売るだけではなく「体験」を提供するブランド戦略があるという。 と書いてありましたが、この話の裏に、昨年末から今年の夏にかけて、全国80以上ある全てのディーラーさ… 続きを読む

  • ネイティブ社員にこそ英語教育を!

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/11/08 13:55

    「グローバル・ミーティングでしっかりと発言、貢献出来る日本人を育成しよう」とここ数年、多くの企業でDiscussion研修を行ってきましたが、最近「日本人がspeak-upする以上に外国人、特にネイティブはspeak-downするスキルを学ばないといけないのではないか。」と強く感じることがありました。 「ネイティブにこそ英語教育を!」と日本語だけで叫んでも仕方がないので、今回はネイティブ向けにNative English speakers much re-… 続きを読む

  • ノーベル賞の陰に隠れたすごい賞

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/10/15 12:55

    マッカーサー賞 (MacArthur Fellowship)というをご存知でしょうか。別名Genius Grant(天才賞)ともいわれる、アメリカではノーベル賞と同じ位有名なこの賞。とにかく仕組みが面白い。 全く何の前触れもなくある日突然「おめでとうございます。あなたは今年のマッカーサー・フェローシップに選ばれました。つきましては5年間に渡り約60万ドル(6,000万円)をプレゼントします。お好きに使ってください」と電話がかかってくる。 こ… 続きを読む

  • 「アナと雪の女王」に学ぶ率直なフィードバックの価値

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/09/26 00:44

    私が初めてディズニー・アニメーションに来て驚いたのが、(各アニメを制作しているチームの上に)アニメ制作に一度も携わったことのないお目付役達がおり、予算・スケジュール管理に目を光らせ、アニメーター達を一挙手一投足縛っていることだった。 - Ed Catmull, Pixar Animation Studio社長 1994年にライオンキングで米興行収入ランキング1位になって以降、ディズニー・アニメーションは16年の暗黒な時代を迎えたといいます。… 続きを読む

  • 米トップMBA教授が考える「才能より大切なもの」

    [Masafumi Otsuka's Blog] 2014/06/24 17:23

    ピグマリオン効果をご存知でしょうか。1960年代後半にハーバード大学の心理学者、ローザンタール氏が行った面白い実験で、「才能」について非常に考えさせられます。 この実験。まずカリフォルニア州のある小学校入っていき、ハーバード大学で開発されたIQテストを1年生から5年生まで、生徒全員に受けさせます。そして各学年上位20%の生徒達(intellectually blooming students)が誰かを先生に伝える。その後、毎年このIQテ… 続きを読む